ゲーム改造ツール「プロアクションリプレイ」を販売していたデイテル・ジャパンが、2015年3月で営業を終了すると発表しました。
英デイテル本社の日本撤退を受けてのもので、これに伴い「プロアクセーブ」および「プロアクションリプレイ」シリーズも生産終了となります。

「プロアクションリプレイ」は、イギリスのデイテル社が開発したテレビゲーム改造ツール。
いわゆる「バグ」や「裏技」などとは違い、メモリデータに直接干渉することで、
キャラクターを無敵にしたり、レベルやお金を一瞬で最大まで増やしたりといった「改造」が可能になるというものでした。

日本ではカラットおよびサイバーガジェットが長らく取り扱っていましたが、
2006年以降はデイテルの日本法人であるデイテル・ジャパンが主な販売を担当。
ユーザーの間では頭文字を取って「PAR」などとも呼ばれていました。
no title


すでに購入済みの製品については今後も引き続き使用可能。
ただし今後は2015年3月末で一部製品のサポートを終了、2016年3月31日にはすべての製品のサポートを終了する予定とのことです。

プロアクセーブ生産終了のお知らせ
http://www.datel-japan.co.jp/news/index.php?mode=details&eid=1055

以下ソース:ねとらぼ 03/09
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1503/09/news112.html