doa093


コーエーテクモゲームスは、格闘エンターテインメント『DEAD OR ALIVE 5 Last Round』のPC版の動作環境と製品情報を発表しました。

■最低スペック
基準: グラフィックオプションを最低限に設定するとプレイ可能
OS: Windows Vista/7/8/8.1 (32bit/64bit)
CPU: Core i7 870以上
メモリ: 2GB以上
ハードディスク: 10.0GB以上の空き容量
ディスプレイ: 1280×720ピクセルで表示可能なディスプレイ
ビデオカード: VRAM1GB以上、DirecX9.0c以上
サウンドボード: DirectX 9.0c以上に対応したサウンドボード

■推奨スペック
基準: 1080P設定でもプレイ可能
OS: Windows Vista/7/8/8.1 (32bit/64bit)
CPU: Core i7 2600以上
メモリ: 4GB以上
ハードディスク: 10.0GB以上の空き容量
ディスプレイ: 1920×1080ピクセル以上、True Color表示可能なディスプレイ
ビデオカード: VRAM1.5GB以上、DirecX9.0c以上
サウンドボード: DirectX 9.0c以上に対応したサウンドボード

■動作確認済みビデオカード
推奨スペック
GeForce GTX 760
GeForce GTX 660
GeForce GTX 750 Ti

最低スペック
GeForce GTX 650
GeForce GTX 635
GeForce GTX 550 Ti
GeForce GTS 250

最低動作環境は、グラフィック最低設定にするとプレイ可能な構成を記したもので、
CPUにi7 870、グラフィックボードにGTS 250、GTX 550Tiと記載されています。
推奨動作環境では、グラフィック1080p設定でもプレイ可能な構成を記載したもので、
i7 2600やGTX 760、GTX 660における動作が確認されています。

加えて、PC版の詳細な製品情報も公開。
解像度は720p/1080p/4Kに対応し、アンチエイリアスは切り替え可能、ステージ数は36、コスチューム数は400着以上、
新髪型に対応、エフェクトはPS3版、影の解像度はPS4版、キャラ選択機能はPS4版相当です。

なお、キャラクターの肌をリアルに描写する「やわらかエンジン」や、
「The Danger Zone」と「The Crimson」ステージ、コントローラーの振動機能、実績は実装されていないとのこと。
なおEXTRAにおけるMOVIE THEATERのグラビアは、別途DLC購入が必要、
オンラインモードはゲーム発売から3ヶ月以内にパッチで配信される予定です。

PC版『DEAD OR ALIVE 5 Last Round』はSteamで3月31日に発売予定。
価格は6,800円(税別)です。

DOA5LR国内公式
http://www.gamecity.ne.jp/doa5/lastround/info_steam_spec.html

以下ソース:Game*Spark 03/18
http://www.gamespark.jp/article/2015/03/18/55639.html