久々のレビュー記事ですね 
今回はメーカーから提供して頂きました『BIGBIG WON RAINBOW』のプロコンをレビューしていきます。
なので語彙力はないけど頑張って書いていくよ!





用途はSwitch・PC用って感じです。
PS4は別途で購入する変換アダプタ―が必要です。
後ほど紹介します。


箱はこんな感じ
eT-J44ZeSCeyGZABytaN6w


中身をあけるとコントローラーと説明書と保証書が入ってました。
OKCl-m9AQUuxykqlfwxySA

保証は購入してから1年間って書いてありました。
コントローラーは壊れやすいので1年間あるのは嬉しいですね。
海外メーカーって疎かにしてるイメージでしたけど最近ホントここらへん力入れてますよね。
たまに2年、3年とかある商品あるけどあれ逆にメーカー側大丈夫なのだろうか




説明書は英語、日本語、中国語で書いてありますね。
私は基本説明書読みませんが、みなさんはしっかり読んでください。
rrhR1BtwQhi53NQUIWk9og



取り出してみた
7BmfBzOdT9auuCYwUdPG9A

BIGBIG WON RAINBOWは、有線コントローラーなので付属しているUSBとつなぎます。
説明には、3層電磁シールドクラフトを採用と書いてありますが、正直3層電磁シールドクラフトというの一体何なのかは分かりません。
たぶん凄いやつ
bcnPSXPyTXWuEbxMezEjlg


でUSBをつなぐと




光ったあああああああ!!!

rXjF3rrUQryqvWGbJI-9Sw
H9XCoGh-SHqJ6rAoXS0BOg
5hYX6PiiRWqmuDkOzYvFtg



なにこれ、かっこいいw
m01Wois3TjSHO0lRp2zy3A
tQSDrmnSTwqEcyltrmQUww


スケルトン仕様めちゃくちゃいいじゃないですか!
まぁ配信とかやっていないので見せる人は誰もいないんですけど
でもモチベ上がりますね!ホントかっこいいw


持った感想はSwitchのプロコンより軽いです。
Switchプロコンが250gに対してこちらは227gで非常に快適でした。
ただ、持つところのグリップはツルツルなので長時間プレイすると手汗で滑ると思います。
tltUABS6SUy8LX2D8gVC6Q
握った感触は良いですね。軽いので疲れにくいしフィット感も良かったです。



ボタン配置はXBOX仕様になっております。
7BmfBzOdT9auuCYwUdPG9A
ボタンの押した感触は丁度いい硬さで良いですね。
スティックの動きもスムーズに動かすことができ、引っかかることもなく完璧です。
ZL/ZRボタンは、かなり軽いので好みがでるかも。私はそこまで気にしないけどもう少し硬めでもいい気もする。



コントローラーの中央部にイヤホンジャックが搭載されているので、大きい音を出せない時に使うことが可能です。
Yu62NBmhT8mhwBD3fT90lw


背面はこんな感じ
KoX4kMXWSPO5vxrU3r1-aA

ん?
なんだこれ!?


Switchの押し込み式の背面ボタンだと思ったらまさかのスクロール式
上下に動かす感じ
14

正直この機能は微妙
下に押す分にはたぶん大丈夫。反応できる。上にスクロールするのは指が釣りそうw
ただ4つ機能を割り当てれるので慣れば便利になるのか?
ここまで神コントローラーだったのでもったいない。
ここは人によって評価が分かれると思う。


とまぁ、見た目の話はこんな感じなんですが、正直このコントローラーの凄さはここからです。
性能がホントにすごい。


私が一番いいと思ったのが専用のアプリで細かい設定ができるところです。
PCは不要。スマホがあれば設定可能です。

色の調整もこちらからできます。
初期設定はレインボーに光ります。
mPZ6j63VSbOjDXBzZ9wJwA


自分の好きな色に設定
右と左の色を変えることも可能です。
Xhi7LyjcRqmXBjUyZtM1CQ

あとはスティックを入力したら決めた色に変化するなど細かい設定が可能でした。
プリセットの種類もあったので決められない人はこちらを使えばカッコよくなると思います!


ZL/ZRボタンの反応領域の調整も可能。
上で言ったように結構軽いので自分好みにカスタマイズすると良いと思います。



uVYaJqv9RsmPYCiON20rkA




操作で大事なスティックの設定はめちゃくちゃ細かくできます。
スティックのデッドゾーンを狭くすることができめちゃくちゃ繊細な動作が行えます。

エイムのレスポンス曲線も調整可能
5hR2crC9TaC2EEAeu75ITg (1)
EZM2qkQVTK60WmpYKsh7Eg
pBdU8pNTQ7WLgOah_ZTxQA


キーマウス操作でいうローセンスとハイセンシですね。
ローセンスとハイセンシって何?って方は下の動画の人がでメリットや違いについてを分かりやすく説明してくれているので見てみるといいと思います。


そしてこの設定がスマホだけで簡単にできてしまいます。
これがホントに便利すぎる・・・
もちろん何個も設定の保存ができるので、ゲームによって切り替えが直ぐにできます。

SwitchでもPCでもすぐに動かせました。
cRuA3EQxR7KUENqLFa4gVQ



PS4に関しては最初に言った通り変換アダプターが必要になります。
こちらの「BIGBIG WON R90」を使用します。



J39zjvyKTU-j1eK_7v88_Q
-RR966SfQcGo8xZIhkol6g


中身はこんな感じ
knojooRbSYiFG1OTFJsABw


キャップを取り外しUSBを差し込みます。
PS4でも動作できました。
JD47ltmeQdOUjyjl1YB2Dw

今純正のPS4コントローラーって9000円くらいするので、値段を抑えたい人は「R90アダプター」の購入を検討してみると良いと思います。
これでどのハードでも使用できます。


ってことで実際に使って思ったことは

良かった点
コントローラーの詳細な設定が可能
デザインがかっこいい
他のコントローラーより安いのに高性能 
コスパ最強◎

悪かった点
背面ボタンが押しにくい
手汗でグリップが滑りやすい

ってところかな。



ここまでゲーマ用語が多かったり、説明下手すぎなんだよ!!ってあると思うけど
結局何が言いたいかというと、このコントローラー




凄すぎ!!まじで神


ってことです。

Switch用とのこともあり、ジャイロや連射機能も搭載されています。
実際使ってみても直感的に使え、スマホですぐに修正でき満足できました。
スティックまわりの設定がホント素晴らしい。
背面ボタンをどうにかしてくれたらトップ取れるんじゃないかってくらい良かったです。
この値段でこの性能はコスパ最強のコントローラ―だと思いますw

これだけあれば全部のハードに使いまわせるのも〇
保証も1年ありますし、ホントに買って損しない出来だと自信を持って言えます。
あと、ここ以外にもAmazonレビューとかあるから気になったら参考にしてみるといいと思います。
久々のレビュー記事でかなり長くなってしまったけど、ここまで読んでくれてありがとうございます!
それでは良いゲームライフを!
1001:おすすめ記事